バストアップ モニター

あきらめるにはまだ早い!どんな方にでも効果の出るバストアップ法

もう若くはないから・・・とバストアップを諦めてはいませんか?でも少し待ってください!実はバストアップを狙っていくことに、年齢なんて関係ないんです!若くないなんて関係ありません。

そもそもバストアップは女性ホルモンを活性化させることで胸を大きくしていきます。外部から刺激を与えてやることで普段よりもたくさんの女性ホルモンを分泌させ、より女性らしい体つきを作っていきます。

若い女性の場合、まだ女性ホルモンのバランスが不安定で生理周期も乱れがちです。そんなときにバストアップを図るとすぐにバランスを崩してしまいます。生理不順や肌荒れなどの辛い副作用もでてくるでしょう。

若い女性の場合は自然に大きくなる可能性も大いに残っています。無理に高価なバストアップ方法を試すよりも自分を信じて待ってみる方がいいと思います。そしてそれでも大きくならなかったらバストアップを始めてください。

バストアップに最も適している年齢は20代の後半からだと言われています。女性ホルモンの分泌も安定しているので頑張れば頑張っただけ、胸に効果が返ってきます。そして女性なら閉経するまではずっと同じようにバストアップは狙っていけます。

例えば30代の女性なら簡単なマッサージから始めてください。サプリや矯正下着を使わなくても十分にバストアップは可能です。40代の方でもそれは同じで、まだまだバストアップは可能です。

もし今まで諦めていた方や、もう諦めそうだった方はもう1度頑張ってみてください。当サイトで紹介する方法なら年齢は一切関係ありません。この方法ならあなたの力になってくれます!

諦めない人の為のバストアップ方法

モニター全員が成功したバストアップ方法とは

女性のもつ胸へのコンプレックスは深く重いものです。過去に私自身がそうだったように悩みを抱えている方も多くいるはずです。そしてそんな思いに答えるため、世の中には数多くのバストアップ方法があります。

例えばそれはサプリメントや矯正下着、バストアップクリームなどです。これらのバストアップ方法は口コミでも人気ですが、お世辞にも安いとは言えない価格で、しかもその効果には個人差が大きく出てしまいます。

いくら高いお金を出しても、良い成分が含まれていたとしても、それによって効果が得られないようでは意味がありません。求めるものは確実なバストアップなはずです。

その点で当サイトで紹介するバストアップ方法なら、不安なあなたにも安心していただけるバストアップ方法です。なぜならこの方法はモニター全員にハッキリと効果が出た方法だからです。

体験談や口コミを見てもその効果は絶大で、本当に信頼の出来るバストアップ方法です。今までに他のバストアップ方法で失敗していた方にもぜひ試してもらいた方法なので、気になる方は↓から詳細を読んでみてください。

本気でバストアップをしたいと願うあなたにこそ、このバストアップ方法はオススメできます。あなたにヤル気があるのなら結果は必ずついてきます!

口コミでも人気の話題のバストアップ方法

バストアップとエクササイズの理想的な組み合わせは?

バストアップと聞くと、大豆イソフラボンを代表とする効果のあるといわれる栄養やサプリを使った身体の中からの女子力UP方法や、補正下着やマッサージなどによる外側からの矯正や刺激によるサイズアップなどを思い浮かべる方も多いと思います。次の候補として良く上がるのがエクササイズですが、ここでは2種類のエクササイズをご紹介します。

1.一般的な運動のなかでバストアップ・エクササイズにも向いているもの
○スイミング
言わずと知れた全身運動の代名詞です。とくに平泳ぎはバストアップに必須とされている大胸筋を効果的に使うことができます。長いスパンを自分のペースでゆっくり努力できるタイプの女性に向いている方法です。
○テニス
こちらも陸上の運動としてはダントツの運動量を誇りますし、サーブやストロークなど胸を大きく開く動きのくり返しは大胸筋の発達に大きな効果が期待できます。こちらはスイミングに比べてゲーム感覚が強いスポーツですので、短いスパンで楽しみながらワイワイ皆と楽しみたいというタイプの女性に人気です。
○ヨガ・ピラティス
あまり激しい運動が得意ではない女性や、なるべく自宅でエクササイズしたい方などに人気です。
どちらも、基本的には身体をリラックス状態に保ちストレッチやインナーマッスルの強化などにより、交感神経・副交感神経を活性化させ、その一環として女性ホルモンの分泌を助け女性らしい体つきを目指すものです。

2.バストアップを目的としてつくられたエクササイズ
○手や腕を使う動き
胸の前で両手をあわせ肘を水平に広げて、背筋をまっすぐに伸ばし深呼吸する。両腕を肩の高さでまっすぐ横に広げたまま、手首から先を円を描くように回す。
○ダンベル・腕立て・タオルを使う動き
ダンベル:立ったまま若しくは寝ながら両手にダンベルを持ち、息を吐きながらダンベルを腕全体を使って上げ下げする。腕立て伏せ:肩幅にひらいた腕の肘をゆっくり外側に曲げて、身体全体を(膝をついてする場合は上半身を)上下させる。
タオル運動:タオルなど肩幅の長さの布や紐をピンと張って両手に持ったまま、腕を身体の正面から頭の後ろまで肩を回すようにゆっくりと移動させる。これらのエクササイズには、色々な腕や肩の動き、器具を使った動きがありますが、いずれも目的は「ゆっくりと何度も大胸筋を動かす」という点です。

一般にバストアップを目指す運動を行う場合、1も2もその内容にかかわらず注意すべきなのは「決してやり過ぎないこと」です。本来脂肪がその90%を占める乳房をボリュームアップさせるための運動が、むしろ脂肪を燃焼し筋肉組織を増やす結果となってしまう恐れがあるからです。バストも身体の一部であるという意識をいつも忘れずに、食事内容や適切なエクササイズなどにより身体全体を変えていくことが、遠回りのように見えて実は一番確実に究極のバストラインをゲットする方法なのです。

バストアップだけじゃない!水泳で効率的に美ボディをゲットしちゃおう

豊かな胸の谷間についつい目を奪われてしまうのは、なにも男性だけには限りません。女性同士でも、日常生活の中で魅力的なバストラインを誇るように颯爽と歩いている女性を見ると、思わず振り向いてしまいそうです。とは言え、そのような素晴らしいバストラインを持っている女性はむしろ少数で、圧倒的な女性は自分の胸に自信が無い場合が多く、ひそかにバストアップを試みたことがある女性はたくさんいらっしゃるでしょう。

バストアップについて、チャレンジしたことのある女性達の回答の中で多いモノは、食事内容をタンパク質や大豆製品中心に変えてみたり、リンパや乳腺などのマッサージをしてみたり、といったラインナップになるようです。そして、そんなチャレンジに一緒にすると更に効果があると言われているのが、エクササイズです。

一般に言われる「バストアップ・エクササイズ」の中でも、最も運動量の多いエクササイズの一つの水泳ですが、「バストアップ」として考えた時に一番効果が出てほしい場所はやはり「大胸筋」です。バストの大きさを考えるとき、胸の脂肪そのものの量を増やすよりも、今あるボリュームを筋肉を使って引っ張り上げることによって「より美しく」さらに「大きく見える」ようにすることが目的です。

バストアップ用といっても、特別な泳法や水中運動は必要ありません。もちろん特に動きの大きなバタフライ等をした方が早く筋力アップするかもしれませんが、あまり激しく鍛えてしまうと大胸筋のみならず肩や首にまでたくましく筋肉がついてしまい、トータルのバストラインの印象としてはむしろ逆効果になってしまうこともありますので注意が必要です。バストアップ・スイミングは、あくまで自分のペースにあわせて無理なく続けられる泳法を週2~3回、2時間くらいのペースで、もちろん長く継続することに意味があります。私たちがバストップを考えるとき、ついついカップの大きさのみに意識が集中してしまいがちですが、スイミングを日常のエクササイズのベースに置いたときに更に期待できるのが「全身のシェイプアップ」効果です。バストラインと一口に言っても、乳房のサイズや胸周りの形だけではなく、遠目から見てもハッと魅せるバストの持ち主はバストと全身のバランスが美しい、つまり「美ボディな人」なのです。

スイミングの効果を数える際に、まず言われるのがその理想的な全身の動きと運動量ですが、ここでもう一つ別の大きな効果をお教えします。それはズバリ「心理的効果」です。食事内容の改善やバストのマッサージ等は、いわば個人的な日常生活空間で行うことができるチャレンジです。しかしスイミングはほとんどの場合プールという「人目に付く」場所で、自分の身体を水着一枚でさらけ出した究極の状態で行うエクササイズです。人間は「見られている」という緊張感のある生活とそうでない場合とでは、筋肉の緊張具合が全く変わります。そこで自分の身体全体を意識して目的を持った運動を着実にくり返していくことは、自宅のリビングでダラダラと続けるエクササイズに比べて、格段の効果があることは間違いありません。

近い将来、あなたも「つい振り向かれる」バストラインを持つ女性になることを信じて、まず最初の一歩を踏み出すことが大切です。それには食事やマッサージによる身体の内側やバスト周りを変えていく方法ももちろん有効ですが、そこにスイミングの「エクササイズ+心理作戦」効果を加え、より一層効果的に美ボディを手に入れましょう。

わたしの最終決断!ドキドキのバストクリニック選び

思春期を過ぎ、もういい大人の女性になったにもかかわらず、バストのサイズはまるで少女のまま時が止まってしまったような私。学校の更衣室や、温泉旅行の露天風呂で感じた劣等感に後押しされるように、この何年かはバストアップに人生を捧げてきたようなものでした。食生活の改善(豆乳なんてもう見るのも嫌になるくらい飲みました)や、バストアップエクササイズ(部屋にはダンベルやヨガのマットが空しく転がっています)を試しつつ、棚にあふれるサプリメントやDVDには一体いくら注ぎ込んだのか覚えていません。それにもかかわらず、相も変らぬ自分の胸の地平線を見つめつつ、私は「豊胸手術」を真剣に考えることにしました。

そもそも「豊胸手術ってなに?」というレベルの私が調べたのは次の3つの手法です。

○バッグ式はシリコン製のバッグを乳房に挿入する方法で、昔からよく聞きます。
嬉しい点は、バストアップ感がスゴイこと。昔と違ってバッグが破裂しても中身が流れてしまわないようなスグレモノも開発されました。悲しい点は、やっぱりオッパイを触ったときにバッグが入っているのがバレやすいってことですかね。それと、寝ていても身体を横にしてもオッパイが立ちあがったまま、っていう所もチョット悩みます。

○脂肪注入法は、自分の身体の別の場所から取り出した脂肪を乳房に注入する方法です。
嬉しい点は、私のようにバスト以外の場所がタップリしている場合、欲しくない場所の脂肪を欲しい場所に移動できるという、まるで夢のように一粒で二度美味しい手術方法です。心配な点は、必要な脂肪を取る吸引手術が必要となるため、注入と併せて2度の手術を受けることになり、ドクターの技量も当然ですが、2回分の手術料金もよく考える必要があることです。

○ヒアルロン酸注入法は、最近になって知ったプチ整形ならぬプチ豊胸とも呼ばれる、美容成分のヒアルロン酸を乳房に注入する方法です。
この方法の良い点は、メスも使わずヒアルロン酸を注入するために、施術時間も短くアフターケアも不要という手軽さでしょう。残念なのは、1~3年くらいでヒアルロン酸が身体に吸収されてしまうという事。注入するヒアルロン酸の品質にもよるらしいけれど、長く美乳がキープできないということは何度も注入が必要になるということで、普通のOLのお財布には正直きびしいです。

というように、色々調べた結果として自分に合いそうな脂肪注入法を選んでみたのですが、ここからが本当の「豊胸への道」スタートです。この豊胸手術を受けるためには、大体40万~80万円くらいの料金が必要ですし、吸入と注入の2度の手術をしてもらうクリニックには、ぜひ安心できるドクターのいる所を選びたいと思います。
究極の選択を後悔しないためにも、これから選んだクリニックのカウンセリングでは納得のいくまで説明を聞いてくる予定です。そうと決まれば明日からまた頑張る日々が始まるけれど、近い将来に憧れのビキニデビューする自分を今度こそ信じて、ひたすら前進して行きます。