バストアップを期待される豆乳の基礎知識

豆乳で巨乳?イソフラボン伝説をもう一度考える

健康に興味がある人もそうでない人も「豆乳は体にイイらしい」という話は、今では常識のように語られています。特にバストアップへの効果を期待する女性にとっては気軽に取れる最適な食品と思われがちですが、ほとんどの人はその理由は知らないままか、ちょっと詳しくても「成分が女性ホルモンに似ているらしい」くらいの理由で、なんとなく豆乳を飲んでいるのが現状です。そんな「良くわからないけれど効くらしい」といわれている豆乳ですが、基本的な知識から期待される効果の程までを一度きちんと理解して、より効果的に日常のなかの取り入れましょう。

ではまず、豆乳とは何か?ということから始めましょう。大豆をすりつぶしたものを濾した液体が豆乳なのは皆さんご存知かと思いますが、この大豆と豆乳との決定的な違いは何でしょうか?ずばりそれは大豆の持つ栄養素の「消化吸収率の差」です。非常に栄養価に富んだ食品にも関わらず、実は大豆はそのまま調理した状態での消化率はあまり高くありません。ですが豆乳は大豆を非常に細かくすり潰してから加熱し、消化を阻害する繊維質を取り去ってしまうので、たんぱく質や脂質などの栄養消化率は90%近くまで上昇します。大豆の栄養素の中でも女性ホルモンに似た働きをすることで知られ、バストアップ効果を期待される「大豆イソフラボン」も、豆乳によってさらに効果的に身体に取り入れることができるようになります。

もちろんイソフラボン以外にも、豆乳は血圧やコレステロール値を下げて動脈硬化を防いだり、不飽和脂肪酸(レシチン)やサポニンなどの成分が脂肪の代謝促進や活性酸素を抑制することにより、脂肪肝や肥満を防ぐ効果を期待できる非常に優れた栄養食品なのです。このようにバストアップ以外にもいろいろな効果がありそうな豆乳なら、つい出来るだけたくさん飲みたくなりますが、女性ホルモンに構造が似ている大豆イソフラボンは、過剰に摂取することによって本来のホルモンバランスを崩してしまう危険性も指摘されています。

そもそも大豆イソフラボンだけを毎日大量に摂取して、バストをぐんぐんサイズアップさせるというのは無理な話で、やはり基本はバランスの良い食生活をするのに加えて効果的に豆乳などからイソフラボンを取り入れ、女性ホルモンの力を高めることによって結果的にバストアップが期待できるわけです。

日常的な豆乳の摂取量としては、1日にコップに2~3杯が理想的です。すでに豆乳を食生活にとりいれている方はご存知かも知れませんが、スーパーの棚にはズラリと多種多様な豆乳製品が並んでいます。ここで悩むのが「調整豆乳」と「無調整豆乳」の違いについてです。なんとなく無調整の方が体に良さそうだけれど豆乳独特の味と匂いが苦手..という人も多いのですが、調整豆乳はその苦手感を無くすために少量の塩と甘味料、ビタミン類などを使って味を調整しています。この2つの豆乳中の大豆固形分は2~3%くらいの差で、栄養価の面からから見てもほとんど変わりませんので、安心して自分の好みに合った豆乳製品を選んでください。

豆乳はバストアップの味方というだけでなく、含まれる栄養素がそのまま女性の身体全体の応援団と言えます。この機会に豆乳の基礎知識を知り「豆乳=巨乳」のような一方的な情報に振り回されず、毎日の食生活のバリエーションを増やすアイテムとして、上手に豆乳を楽しみましょう。

諦めない人の為のバストアップ方法