バストアップに効果的に水泳を取入れる方法

バストアップだけじゃない!水泳で効率的に美ボディをゲットしちゃおう

豊かな胸の谷間についつい目を奪われてしまうのは、なにも男性だけには限りません。女性同士でも、日常生活の中で魅力的なバストラインを誇るように颯爽と歩いている女性を見ると、思わず振り向いてしまいそうです。とは言え、そのような素晴らしいバストラインを持っている女性はむしろ少数で、圧倒的な女性は自分の胸に自信が無い場合が多く、ひそかにバストアップを試みたことがある女性はたくさんいらっしゃるでしょう。

バストアップについて、チャレンジしたことのある女性達の回答の中で多いモノは、食事内容をタンパク質や大豆製品中心に変えてみたり、リンパや乳腺などのマッサージをしてみたり、といったラインナップになるようです。そして、そんなチャレンジに一緒にすると更に効果があると言われているのが、エクササイズです。

一般に言われる「バストアップ・エクササイズ」の中でも、最も運動量の多いエクササイズの一つの水泳ですが、「バストアップ」として考えた時に一番効果が出てほしい場所はやはり「大胸筋」です。バストの大きさを考えるとき、胸の脂肪そのものの量を増やすよりも、今あるボリュームを筋肉を使って引っ張り上げることによって「より美しく」さらに「大きく見える」ようにすることが目的です。

バストアップ用といっても、特別な泳法や水中運動は必要ありません。もちろん特に動きの大きなバタフライ等をした方が早く筋力アップするかもしれませんが、あまり激しく鍛えてしまうと大胸筋のみならず肩や首にまでたくましく筋肉がついてしまい、トータルのバストラインの印象としてはむしろ逆効果になってしまうこともありますので注意が必要です。バストアップ・スイミングは、あくまで自分のペースにあわせて無理なく続けられる泳法を週2~3回、2時間くらいのペースで、もちろん長く継続することに意味があります。私たちがバストップを考えるとき、ついついカップの大きさのみに意識が集中してしまいがちですが、スイミングを日常のエクササイズのベースに置いたときに更に期待できるのが「全身のシェイプアップ」効果です。バストラインと一口に言っても、乳房のサイズや胸周りの形だけではなく、遠目から見てもハッと魅せるバストの持ち主はバストと全身のバランスが美しい、つまり「美ボディな人」なのです。

スイミングの効果を数える際に、まず言われるのがその理想的な全身の動きと運動量ですが、ここでもう一つ別の大きな効果をお教えします。それはズバリ「心理的効果」です。食事内容の改善やバストのマッサージ等は、いわば個人的な日常生活空間で行うことができるチャレンジです。しかしスイミングはほとんどの場合プールという「人目に付く」場所で、自分の身体を水着一枚でさらけ出した究極の状態で行うエクササイズです。人間は「見られている」という緊張感のある生活とそうでない場合とでは、筋肉の緊張具合が全く変わります。そこで自分の身体全体を意識して目的を持った運動を着実にくり返していくことは、自宅のリビングでダラダラと続けるエクササイズに比べて、格段の効果があることは間違いありません。

近い将来、あなたも「つい振り向かれる」バストラインを持つ女性になることを信じて、まず最初の一歩を踏み出すことが大切です。それには食事やマッサージによる身体の内側やバスト周りを変えていく方法ももちろん有効ですが、そこにスイミングの「エクササイズ+心理作戦」効果を加え、より一層効果的に美ボディを手に入れましょう。

諦めない人の為のバストアップ方法