バストアップに必要な女性ホルモンの知識

実は知らなかった!バストアップに必要な女性ホルモンの基礎知識

女性らしい豊かな胸と女性ホルモンの関係は、イメージとしていつも一緒に語られる事が多いわりに、その基本的な働きについて詳しく知らない女性が意外と多いのです。

バストのサイズアップを望んだ時に、街中にあふれている豊胸をうたった補助食品などに最初から飛びつくよりも、まず自分自身の体内にある女性ホルモンについて良く知り、それを十分に働かせることから始めましょう。

女性ホルモンといわれるものには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますが、2つとも女性が思春期に入ると卵巣から分泌されるホルモンで、血液に乗って全身に運ばれます。

エストロゲンは排卵や子宮・乳房の発達を促す以外にも、自律神経のバランス調整・骨密度の維持・肌や髪の毛などを含む女性らしい身体作り全般に作用する、いわばオールラウンドプレイヤー型ホルモンです。

一方のプロゲステロンはその名のとおり黄体(排卵後の卵胞)から分泌されるホルモンで、子宮内膜の厚みを増幅し受精卵を着床しやすくさせ、妊娠後は胎盤を安定させたり基礎体温を上げたりといった、妊娠・出産に向けた重要な役割を担っています。

このように少しずつ違った役割を持つ女性ホルモンですが、健康的な日常生活を送る上でも女性らしい身体づくりの観点から見ても、この2つの女性ホルモンは必要不可欠な存在です。

さまざまな効能を持つ女性ホルモンですが、今回はバストのサイズアップとの関係に絞って考えてみましょう。

皆さんが経験してきたとおり、女性は思春期にこの女性ホルモンが分泌されることによって胸がふくらみ始めます。当然ながらその時期もふくらみ具合にも個人差があり、期待したほどのバストサイズにならなかったことで残念な思いをしている女性もたくさんいらっしゃるでしょう。

もちろん遺伝やその他、個人の努力の範囲を超えた要因もありますが、ここでは自分でできる女性ホルモンUP方法を考えます。

女性の乳房に関して言えば、その組成はなんと90%が脂肪で残り10%が乳腺で出来ています。この圧倒的な脂肪は将来おっぱいの出る乳腺を保護するために存在するので、バストのボリュームを上げるためには、まず乳腺を発達させ周囲の脂肪を増やすことによって、結果的にサイズがアップするという事実を頭に入れておきましょう。

さてその乳腺をどのように発達させるか。乳腺を直接刺激する方法としてマッサージ等も紹介されていますが、やはりここでも最終的には女性ホルモンの底力がモノを言います。つまり十分なホルモンの分泌が乳腺を確実に発達させるのです。

しかしこの「ホルモン」という物質は本当にデリケートな成分で、「コレをすれば必ずコウなる」という正解は残念ながらありません。ただ、ホルモンの分泌を阻害するという点では、睡眠不足、過度のダイエット、バランスの悪い食生活、ストレスの多い生活などが、代表的な要因として必ずあげられます。

言われてみれば当たり前な注意点ばかりのような気もしますが、現代の女性達はその「当たり前」な生活を毎日送ることさえ、口で言うほど簡単ではなくなってきています。

勉強や仕事、人間関係の難しさなどから私たちの体に与えられる日々のストレスを放置しておくと、自分が本来持っているはずの素晴らしい女性ホルモンの力をどんどん失わせ、魅力的な身体づくりどころか心までもが輝きを失ってしまいます。

女性ホルモンの十分な分泌に向けて、日常の注意点を一つずつ改める努力をするために、いつも頭の中で女性的で魅力的な自分の身体をイメージしながら、新しい女子力UPの自分をスタートしましょう。

諦めない人の為のバストアップ方法